【テックアカデミーとコードキャンプ徹底比較】

【テックアカデミーとコードキャンプ徹底比較】Java & Rubyコース

 

JavaやRubyのプログラミングのコースはプログラミングスクールの中でも高い人気があります。

 

そのため、そのようなプログラミング言語を使用したWebシステムの需要も増えているのです。

 

しかし、JavaやRubyを作成するエンジニアは不足しているのが現状です。

 

一方で、JavaやRubyを開発できるエンジニアになりたい人は増加傾向にあり、JavaやRubyをオンラインスクールで勉強している人も増えています。

 

ここではJavaやRubyのオンラインスクールを探している人のために、JavaやRubyのスキルを本当に身につけられるオンラインスクールを徹底比較して紹介しています。

 

1 比較対象になるJavaやRubyが勉強できるオンラインスクールとは?

 

JavaやRubyが勉強できるオンラインスクールはいくつかあります。

 

しかし、オンラインスクールのカリキュラムが良くなかったり、オンラインスクールで使われる教材が分かりにくかったりして、初心者がJavaやRubyの勉強を諦めそうなオンラインスクールまであるのです。

 

このようなオンラインスクールは内容を比較するまでもありません。

 

そこで、JavaやRubyのスキルを初心者でも身につけられる良質のオンラインスクールを厳選して、そのオンラインスクールのコース・内容などを比較していきます。

 

【比較対象になるJavaやRubyが勉強できるオンラインスクール】
・テックアカデミー
・コードキャンプ

 

この2つのオンラインスクールは、それぞれにメリットや優れた点があります。そのため、初心者でもJavaやRubyのスキルを身につけられるオンラインスクールになっていると断言できるのです。

 

ここからは「テックアカデミー」「コードキャンプ」の2つのJavaやRubyのオンラインスクールについて、カリキュラムなどを徹底的に比較していきます。

 

2 JavaやRubyを勉強できるオンラインスクールを徹底比較!

 

一口に「JavaやRubyが学べるオンラインスクール」と言っても、カリキュラムも違いますし、オンラインスクールの形式も異なります。そこで、初心者がJavaやRubyのオンラインスクールを選ぶときに必要な情報をピックアップして、それぞれのオンラインスクールを比較しています。

 

テックアカデミー(TechAcademy)

・早期申込割引あり 1万円割引
・学生料金あり 最大10万円安い
・30分/回(メンターリング時間)
・講師は専属のメンターで
・無料体験あり
・就職保証あり
・就職時は
全額返金

コードキャンプ(CodeCamp)

・入会金10,000円(無料キャンペーン中)
・学生料金なし
・40分/回
・講師はその都度、予約
・無料体験あり
・就職保証なし
・就職時は全額返金

2−1 カリキュラム

 

それぞれのオンラインスクールのカリキュラムをよく見ると異なる部分もあります。

 

比較すると分かるように、テックアカデミーのWebアプリケーションコースはRubyに加えて、HTML、CSS、JavaScript、Ruby On Railsが学べるWebプログラミング専門のコースになっています。

 

また、JavaエンジニアコースはJavaに加えて、Javaのスキルを学習させて就職させることが目的のコースなので、十分な就職サポートがあります。

 

一概に比較できませんが、JavaやRubyのどちらかを集中して、プログラミングを勉強したいときにはコードキャンプを選べば良いです。

 

 

2−2 講座の形式

 

オンラインスクールは講座ごとに特徴があるのが一般的です。

 

それはJavaやRubyのオンラインスクールでも同様です。オンラインスクールという点は同じですが、講座の形式には違いがあります。特徴的な点について、比較していきます。

 

テックアカデミーはサポート全般を行ってくれる「メンター」がいて、専属で対応してくれます。

 

カリキュラムや宿題など、様々な面でサポートしてくれるので、オンラインスクールでも挫折しにくいのが特徴です。

 

コードキャンプはビデオ通話を利用した個人レッスンが受けられます

 

オンラインスクールですが、学校で授業を受けているような感覚です。JavaやRubyのオンラインスクールの場合、プログラミングの質問や指導など、レッスン内容が比較的自由な点が良いと言えます。

 

2−3 費用と学習期間

 

テックアカデミーとコードキャンプ費用と期間について、それぞれのオンラインスクールを比較してみます。

 

テックアカデミー
(TechAcademy)

Javaコース、Webアプリ

ケーションコース共通

4週間

8週間

12週間

16週間

129,000

179,000

229,000

279,000

コードキャンプ
(CodeCamp)

Javaマスターコース、

Rubyマスターコース 共通

2ヵ月

4ヵ月

6ヵ月

148,000

248,000

298,000

 

 

JavaやRubyのオンラインスクールに限らず、それぞれのオンラインスクールでは無料体験などが行われています。

 

いきなりJavaやRubyのオンラインスクールに申し込むのではなく、まずはここで紹介したそれぞれのオンラインスクールを比較した情報を基にして無料体験を申し込んでみるのが良いでしょう。

 

また、費用や学習期間はどちらとも様々なコースになっており、プログラミングのスキルが身につくまでの時間は個人差があります。

 

初歩の初歩から勉強するのであれば、6ヶ月の学習期間があるコードキャンプを選択するのが良いと言えますが、ダラダラと続けてしまうよりも、期間を決めて、プログラミングの学習に臨めるテックアカデミーを選ぶことが最善と言えるでしょう。

 

3 まとめ

 

 

JavaやRubyを勉強できるオンラインスクールを比較してきました。講師について補足しますが、テックアカデミーとコードキャンプのオンラインスクールで活躍する講師は「現役のエンジニア」ということです。

 

しかも、フリーランスで活躍している有名なエンジニアも講師になっているなど、オンラインスクールで現役エンジニアから指導を受けることができるのです。

 

現役エンジニアの指導を受けることが良いとは言えませんが、実際に現場での経験を積んでいるので、実践に役立つスキルが学べます。

 

それぞれに良いところがあり、どのオンラインスクールを選んでもJavaやRubyのスキルが身につくと考えられます。

 

どこのJavaやRubyのオンラインスクールを選ぶのが良いのかは断言できません。

 

それでも、Webプログラミング専門のコースがある点、Javaのスキルを学習しながら就職サポートがある点など考慮した場合、Webプログラミング習得や就職サポートが目的であればテックアカデミーを選ぶ方が良いでしょう。

 

ここで比較した内容をよく検討して、どこのJavaやRubyのオンラインスクールを選ぶか、考えてくださいね。

 

また、無料体験も開催中のため、テックアカデミーに入って続けられるかどうか、不安に感じているなら、まずは無料体験をして良さを感じてみることをおススメします。

 

オンラインブートキャンプ 無料体験